Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

損害と戦力の推移(第57ターン終了時)

57ターンまでの記録を頼りに、損害と戦力の推移を久しぶりにグラフ化してみた。37ターン('42/2/26)以来だから約5か月ぶりとなる。
 
39ターンのレニングラード陥落は、除去ユニットこそ10個師団その他となっているが、ソ連の人員損害は他のターンとあまり変わらない。3か月間の完全包囲で自滅していたことが分かる。
その後、ラスプーチッツァの訪れと共に損害は落ち着いたように見えるが、41ターン~48ターン(3/26~5/14)まで、枢軸軍の損害は意外と多い。枢軸軍は敵地での戦闘のため、身動きの取れなくなる泥濘期は基本的に損害が多くなるのかも知れない。
 
49ターン(5/21)からババエヴォ作戦が始まり、泥濘と晴天の繰り返しでなかなか勝負が付かない中、53ターンに完全に罠が締まり、54ターン(6/25)から開始された殲滅戦は熾烈を極めている。
その間、南方での第1装甲軍単独による包囲戦は敵主力を逃し続け、ようやく57ターン(7/16)に戦車集団の殲滅に成功した。ソ連軍AFVの損害はスモレンスクキエフ戦以来の高水準となっている。
 
ここまでの累積でソ連は約750万人を失ったが、これは史実と似通っている([詳解]独ソ戦史 学研M文庫 P.594)。ババエヴォ作戦が無いにも関わらず同じという事は、普段の損害がもっと多いのだろうか。
「損害に構わず前進」「最後の一兵まで死守」という異常なまでのソ連軍ドクトリンが、このゲームではルール化しきれていないのかも知れない。
 
枢軸軍の損害も、決して少なくはないと思う。総計で124万人となっているが、史実では1942年の8月まででドイツ軍は92万人を失い、枢軸同盟国と合わせれば同じくらいになると思う。

f:id:vwiking:20190812154712j:plain

両軍とも史実とほぼ同様の損害とすると、この時期の両軍の兵力比は下記のようになるはずである。(同  P.601)
 
 ソ連 560万人
 枢軸 360万人
 比率 1.42:1
 
ただこの世界では、
 
 ソ連 418万人
 枢軸 595万人
 比率 0.7:1
 
と、ババエヴォ、ドネツの両包囲作戦で兵力が逆転しているのである。これは一体どういうことか。
まず、最も史実と離れているのが枢軸軍の兵力である。
 
 ドイツ 425万人(史実:260万人)
 同盟国 170万人(史実:105万人)
 
損害は史実と同程度なのに兵力がこれほど違うという事は、枢軸軍の補充が史実よりも大幅に多いということだう。

ドイツ軍がモスクワとレニングラードを落とせ、冬期戦にそれほど苦労しなかった理由の1つに、補充力が史実よりも極めて恵まれていることが有るかも知れない。

f:id:vwiking:20190812173413j:plain