Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

2.ゴーリキー

第103、104ターン 中央赤軍の戦略的後退

ゴーリキー包囲網は103ターンの内に市街を残して殲滅した。ゴーリキー市街は3個親衛狙撃軍団3万5千人が籠城し、第4軍と第9軍の3個軍団で総攻撃を掛けたが跳ね返されていた。来ターンからは好天が続くので早めに陥落させたい。 中央南寄りの赤軍は103、104タ…

第102ターン 左翼の要衝ゴーリキーを包囲

大河オカとヴォルガに守られた城塞都市ゴーリキー。今や首都と化したカザンを守る左翼の砦となっている。第2装甲軍はカザン方向へ直進する素振りで前ターンを終えて、赤軍の東正面はかなり堅牢なスタックとなっていた。ヴォルガ北岸の親衛狙撃師団が与しやす…

1943年5月20日 戦闘序列

中央線線では赤軍が後衛部隊を残してヴォルガ河のラインに後退した。第2装甲軍前面でもP'yama川(カタカナで何という川か不明)の突出部に後衛部隊を残し、戦線を下げて直線化している。川沿いに位置している両後衛部隊だが、泥濘ターンに包囲されるとAIは予…

第100ターン ゴーリキー包囲の足掛かり

1943年に入って初の晴天。北方での攻勢が再開した。第16軍はヴォログダとコストロマの奪取に向けて、少しでも進むつもりで赤軍の弱点を突いて微速前進。ゴーリキーは氷が溶けたヴォルガ河とオカ河の両大河に守られ、北方の大森林/沼沢地は十分すぎる自然の…

第93ターン 雪の殲滅戦

ゴーリキー手前のムーロム包囲網では、残雪期にも関わらずドイツ軍による苛烈な殲滅戦が展開され、ムーロム付近に親衛狙撃師団/軍団をいくつかを残してポケットは粉砕された。※中央戦線はモスクワから東へ400キロ以上も東に移行し、いまや南翼に追いつこう…

第92ターン ゴーリキー手前のポケット

ゴーリキー手前、オカ河流域のポケットを閉じるため、中央軍集団(司令は再びボックになっている。'42年はケッセルリンクだった)は前進を続けた。第4装甲軍前面には相変わらず低戦力の師団群が縦深を成していた。第1、8、27の3個装甲師団がそれらを蹴散らし…

第89~91ターン ゴーリキー作戦開始

第90ターンに全面的にブリザードは止み、中央軍集団は冬期攻勢を再開した。トーテンコップ師団の前線到着を待ち、第4装甲軍はヤロスラブリ、イワノヴォからヴォルガ河南に沿って前進を開始した(91ターン)。ただ赤軍の予備は思ったよりも充実しており、戦車…

第80~82ターン タマン半島と次の目標

最終的な勝利のために必要なロシア南端。クラスノダールとノヴォロシースクはVPの関係で奪取しなければならない。旧第11軍である第11軍団と第40装甲軍団は、A軍集団直属のまま遂にタマン半島への侵入を開始した。赤軍は要塞化されたケルチ半島を突破される…