Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

3.T-34

第57ターン 中央、南部戦線(かく乱するグデーリアン)

燃料の無くなった戦車は悲しいもので、第4軍団、第44軍団、同盟各国軍部隊の猛攻と各国空軍の地上支援もあり、ドネツの赤軍戦車集団は次々と降伏していった。 この殲滅戦によりT-34やKV-1、西側援助戦車など約800輌、軽戦車600輌以上が撃破、または捕獲され…

第24ターン 南部戦線(ドン河に戦線を張る)

第23ターンでは、ルーマニア第3軍戦区2か所で赤軍の反撃があった。一旦退けたものの、AIは弱い所を攻めてくるのでやはりロストフ周辺は彼我どちらも優勢とは言えず、今後も流動性が高いかも知れない。ルーマニア第11軍団が矢面に立っているため、第34軍団と…

第24ターン 中央戦線(戦火の止んだ1週間)

独ソ開戦以来、ソ連の心臓部目指して突き進んだ中央軍集団は、おおよそその目的を達成し、ロシアの厳冬に備えた塹壕構築に専念している。ただ地面の凍結レベルは中程度の3となり、なかなか要塞レベルは上がっていない。 今ターンは、北方軍集団との境界付近…

第4ターン 損害表(激減したソ連軍損害)

ソ連軍の除去ユニットも大分落ち着き始め、南部の戦車師団3個と空挺旅団1個のみだった。 ゲームトータルでは54個師団を失っている。 ちなみに、枢軸軍はいまだに除去ユニットが0だが、師団レベルの除去はよほどのことがないと発生しない。 他戦線への転進や…

第2ターン 損害表

ミンスク包囲網で17個師団が壊滅し、その他各地の小包囲でもソ連軍の孤立、壊滅が相次いだ。 6個戦車、4個機械化師団の壊滅により、このターンのAFV損害も2千輛を越えた。T-34やKVも何百両という単位で撃破や鹵獲されている。 兵員の損害も19.3万人に上った…