Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

第45ターン かんぬきを抜いた第11軍

第42~45ターンの4週間は、例によって泥沼と化したロシアの大地で両陣営とも身動きが取れなくなった。
 
下のマップは「鉄道損害表示ボタン」を押した状態で、緑丸は狭軌に転換/修理済みを示す。枢軸陣営の鉄道工兵が開戦以来せっせと転換/修理してきたものだ。赤丸は未転換でソ連広軌鉄道であり、補給源として使えない。また、一旦転換した鉄道もパルチザンの破壊活動によりダメージを受ける。所々オレンジ色になっているヘクスの多くは、転換途中、または破壊活動により使用不能となっていることを示している。
バルバロッサではモスクワ攻略を重視したため、南方、殊にウクライナ南部の鉄道転換は後回しとなっている。
 
この画面では枢軸軍の補給概要も分かる。薄いグレー掛かっているヘクスは補給源(鉄道末端)から25MP以上離れており、補給が届きにくい地域だ。泥濘の為、鉄道からそう離れていなくても地形と鉄道破壊によってはこの状態になる。
また、特に濃いグレーは補給が全く届かない地域を示す。41年秋の泥濘時は南方軍集団の大部分がこの状態となり、損害が増加した。現在はクリミア半島の第11軍最前線のみがこれにあたる。
 
黄緑で囲まれたFBDユニットは手動でグイグイ鉄道修理を行える。これらはゲームの趨勢をも左右する貴重な部隊だが、開戦時から4個しか存在せず、第48ターンにようやく1ユニット増援される。
その貴重なFBDが今どこにいるかだが、マップに示した通り、フィンランドに1個、ゴメリ周辺に1個、クリミア北方に2個居て、ババエヴォ作戦やクリミアの兵站改善に昼夜の別なく突貫工事中だ。
イメージ 1
イメージ 2

現在、枢軸軍は泥濘や鉄道転換に関連して問題を抱えている。
 
1.ババエヴォ作戦準備が進まない(北)
第18軍とカンナス軍が泥濘に足を取られて戦闘配置に付けない。ソ連フィンランド国境に展開した後、疲労を回復して攻撃準備が整うのに後3ターンは掛かりそうだ。47ターン(5月7日)には大地が乾くはずだが間に合うか微妙。
 
2.ババエヴォ作戦準備が進まない(南)
攻撃発起地点に近い鉄道がパルチザンによりかなり破壊されている。FBDが近くにいないため攻撃部隊が作戦発起地点に展開するのが、やはりこれももう少し後になりそうだ。もっとも、装甲部隊が集まると赤軍戦線は厚くなるのが通例なので、作戦開始直前まで第4装甲軍レニングラード周辺に留まるつもりだ。
(第3装甲軍だけでは突破力に不安があるため第4装甲軍はやはり南から突破させる予定)
 
3.クリミア半島の補給難が深刻
泥濘が輪をかけ、最前線は完全に孤立している。
ケルチ半島のかんぬきの役目を果たしていた第11軍団は、TOE充足率が6割程度に低下して士気の低下も甚だしく、今ターン、補給が届く範囲まで後退せざるを得なかった。セバストポリ方面も同様に補給断が続く見込みで、前年に半ば封じ込めた赤軍が再び跳梁する恐れがある。
イメージ 3