Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

雪に覆われたロシア(第22ターン開始時)

泥濘と補給難に苦しみ抜いた4週間が過ぎさった。雨は完全に雪に変わり、地面が凍結したのだ。
地面の凍結レベルは1~10まであり、今ターンは凍結レベル1でもっとも行動を起こしやすい。
 
凍結レベルが高まっていくと河川はまったく障害ではなくなり、湖も補給線が引けたりするらしい。凍結レベル1は各ヘクスへの侵入MPが等しく+1され、補給量も若干減るようだが、ほぼ晴天時と同様の行動を取れる。南方軍集団を中心に補給警告は残っているが、孤立ユニットはいなくなった。
 
リザードが吹き始める12月までの3ターンが枢軸軍にとって本当のラストスパートになる。この時期にやるべきことをやっておかないと冬将軍(ブリザード)の到来と共に初年度特別ルールが適用され、枢軸側は圧倒的に不利になる。ロシアの冬はまだまだこれからなのだ。
 
この3ターンを使って目指すのは、ずばりレニングラードとモスクワの占領。泥濘期間中は戦線が動かなかったため、モスクワ包囲環内の兵力は孤立したままで、戦力は低下しているはずだ。レニングラードはラドガ湖補給で戦力維持しているものの、ドイツ軍もネヴァを渡河さえすれば一挙に地峡を蹂躙できるかも知れない。
 
イメージ 1