Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

初の包囲網打破(第4ターン開始時)

7月10日、マップの北半分では進撃の動きが停滞しつつあるドイツ軍。しかし新たな参戦国ルーマニアハンガリーを得て、南方では意気軒高。
また、フィンランド軍がこのターンから参戦し、北からレニングラードに圧力をかける手はずだ。
全軍が東部戦線に投入されていないにせよ、この枢軸6か国の総合計は兵力512万人とソ軍を圧倒している。
やはり戦は数だよ、諸君w 赤軍打破まで共に突き進もうではないか。
 
イメージ 1


画像ファイルをpngからjpegにしたら圧縮率が飛躍的に向上し、下記の巨大マップも2枚に収まった。解像度も上がって満足。
キャプチャし忘れたが、フィンランド軍の一部(約8個師団)がMPを持った。
 
ソ連軍は積極的な反撃は相変わらず仕掛けてこないが、北ではだ第4装甲集団がもう少しで包囲されるところだ。
敵にすればあと2へクスを埋められないのが惜しいが、敵ZOCへの浸透は士気が高くないとなかなか難しい。
 
中央では包囲の危機を感じたのか、ヴィテブスク南方にせり出してきていたソ連戦車師団は引っ込んだ。
 
南方ではジトーミル包囲網が薄すぎて第3と第48装甲軍団の間で破られてしまった。やればできるのか!
避退中の4個師団が確認できる。このターンで再び補足できるだろうが、ポケット西側にまだ部隊がいると歩兵部隊による掃討は1ターン遅れるだろう。
周囲の小ポケットは孤立したままなので、戦車師団数個を殲滅できるだろう。
イメージ 2
イメージ 3