Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

祖国防衛 ー WITE2 ソビエト側 AAR_37 第193ターン

T193 - 3/14/2021 10:49:31 AM

loki100(主)

 

1945年3月3日

 

第190ターン

ドナウ渓谷。第2ウクライナ正面軍は迂回された部隊のほとんどを解散し、いくつかを予備に戻し始めます。第4ウクライナ正面軍はバラトン湖周辺で迂回されたユニットと交戦中です。第3ウクライナ正面軍は北部オーストリアへの移動を開始し(ここでもいくつかの部隊を予備に戻します)、その潜在的な最終目標はミュンヘン[1]です。第1ウクライナ正面軍は南ボヘミアに進出し、ニュルンベルクを目標にしています。

https://imagizer.imageshack.com/img924/3877/sXHnlK.jpg

第1、第2白ロシア正面軍はベルリンへの最終攻撃のために、局地的な攻撃を行って陣地を整えています。

 

第191ターン

天気予報 - 来週は再び雪/晴天になりそうです、その後低気圧の影響で降雨や泥濘の可能性があります。

本ターンと次ターンを最大限に利用して、2月下旬の補給線整理などを心配したほうがよさそうです[2]。

https://imagizer.imageshack.com/img922/7537/MUsvWf.jpg

時々、経験豊富なルフトヴァッフェ部隊に遭遇しますが、私自身の損失にもかかわらず、通常は非常に多くのダメージを与える可能性があり、努力の継続は滅多にありません。

https://imagizer.imageshack.com/img924/3450/mlHgwz.jpg

ドレスデン付近でドイツ軍の反撃を受けましたが、第1白ロシア正面軍はエルベ川沿いで着実に前進しました。それよりも重要なのは、第2白ロシア正面軍がフランクフルト周辺の橋頭堡から抜け出し、その機甲部隊がベルリン郊外に到達したことです。

後は何がベルリンを守っているかに掛かっていると思います。連合軍がフランクフルトをすぐに攻略できるとは思えないので、まずは鉄道網を遮断する必要があると思いますが、予定より4週間ほど遅れているようです。

https://imagizer.imageshack.com/img924/7820/GtrpCO.jpg

南方ではドイツ軍が特定の戦区を守ろうとしているため、どちらもまとまった戦線を形成していません。第1ウクライナ正面軍はボヘミア地方西部に進攻し、第2、第3ウクライナ正面軍はウィーン周辺で陣地を入れ替え、第3をミュンヘンへの進攻に備えさせています。第4ウクライナ正面軍は、クロアチアハンガリーの国境にある枢軸国の陣地を迂回しています。

https://imagizer.imageshack.com/img924/78/I8I7gu.jpg

第192ターン

天気予報は間違っていました。山間部を除いて、ほとんどの場所で大雨や重い泥濘となりました。

もしベルリンを包囲することができれば、ドイツ軍の陣地は至る所で崩壊するでしょう(NSSが機能しないため)。そのため、ドイツ軍の補給は現在の集積所システムとユニットだけになります。

ボヘミアエルベ川下流域ではあまり何も起こりませんでした。ここでは全てが断片化されていて、実際にはほとんど重要ではありません。

南ドイツ/オーストリアでは、ドイツ軍がバラバラになっています。ほとんどの敗北は敗走の引き金になるので、私は戦車を最大限に活用して、側面や包囲については後回しにしています。

 

第193ターン

天候はAIにとって悪い方向に向かいました。バルト海地域(ブリザード)を除けば、どこも寒くて晴れています。更に悪いことに(彼等にとっては)、来週も同じようなパターンになりそうです[3]。

https://imagizer.imageshack.com/img922/1107/VCmJWX.jpg

第1バルト正面軍はシュテッティン周辺でようやくブレイクし、第2白ロシア正面軍はベルリンの北と西の鉄道網を切断して、第1白ロシア正面軍がライプツィヒを占領しました。

ドイツ軍の敗走数は注目に値します。これはほとんどすべての戦闘で起こっています。これはドイツ軍の戦闘装備は、例え比較的強いと考えられているいくつかの部隊であっても、非常に少ないからです。

https://imagizer.imageshack.com/img924/5811/siI1c4.jpg

ボヘミアではポケットを殲滅したり、新しいユニットを移動させたりした以外は、あまり大きな出来事は有りませんでした。

枢軸軍はハンガリーからほぼ撤退しました(バラトン湖の南側にいくつか)。第2、第3ウクライナ正面軍をほぼ入れ替えたので、第3はザルツブルグに、第2はカリンシアに攻め込んでいます。

https://imagizer.imageshack.com/img922/443/M3V9ig.jpg

損害

https://imagizer.imageshack.com/img923/7764/xQEEDv.jpg

戦闘序列画面。予備に部隊を派遣することで地雷をゆっくりと減らします[4]。

https://imagizer.imageshack.com/img924/8826/SRgfh2.jpg

[1]この時点では少し欲張りすぎでした。

[2]ヴィスワ-ベルリンシナリオを何度かプレイしていると、この時期の天候が変化しやすいことに気付くでしょう。また、大雨や泥濘は作戦の終わりではないことも強調しておきます。最悪の影響のほとんどは、優れた道路網によって緩和されます。

[3]つまり燃料や物資の不足を除けば、私の機動性に対するあらゆる制約を事実上取り除くことができるということです。VVSは自由に飛ぶことができますが、唯一の問題は1939年のドイツ、ポーランドの国境地域に空軍基地が無いことで、東ポーランドでは多くの航空機が後ろに控えています。

[4]上記の問題のために、本当はもっとVVSを使い倒すべきだったのですが、航空基地とその供給手段の両方を見つけることができれば、VVSを使うことができるというアイデアが気に入っています。