Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

祖国防衛 ー WITE2 ソビエト側 AAR_34 第179ターン

T179 - 3/8/2021 8:01:06 AM

loki100(主)

 

1944年11月25日

 

第172ターン

先述したように、これほど西に位置していると、天候が変わりやすい特徴があります。10月初旬にはポーランド全土で豪雨に見舞われた為、行動が制限されました(道路網が整備されているため最悪の影響は避けられましたが、航空支援は全て犠牲となりました)。

 

第173ターン

スロバキアが反乱を起こしましたが、北東部の勇敢な反乱軍と連携することができませんでした。

クラクフ周辺の激しい戦闘ではこれを占領し、次の兵站拠点とすることが可能です。

https://imagizer.imageshack.com/img924/6059/MdKBY9.jpg

ハンガリーではいくらか前進し、第4ウクライナ正面軍は遂にセゲドを占領しました。

 

第174~176ターン

10月の残りの期間は雨が続いたため、数カ所のポケットを殲滅し、補給網も改善されました。

 

第177ターン

今週の天候はあちこちで不安定でした。ポーランド、ドイツ戦区のほとんどは大雨で、ボヘミア(とソ連支配下ポーランド)では雪、ハンガリーでは小雨でした。

適切な場所で適切な天候という珍しい組み合わせはウッチ周辺でした。第1白ロシア正面軍は、次の攻勢のジャンプ台としてこの都市を攻略する必要が有りました。

余談ですが、ワルシャワ集積所がどのように機能しているかに注目して下さい。

https://imagizer.imageshack.com/img923/7430/uho8Ao.jpg

現在は集積所、休息、機動力の相互作用が焦点です。スーパー集積所は補給システム全体を変えます。第2、第1白ロシア正面軍、第1ウクライナ正面軍の後方にそれぞれ設置されていて、うまく機能しています。1つは第3ウクライナ正面軍の後方に設置されていて、単線線路と大掛かりな空からの補給に頼っています。また、NKPSが数個有り補給変換を支援しています。これらは新しい場所で機能し始め、古い場所の物は前進し始めめています。鉄道連絡を修復することにより多くの鉄道拠点を設置することができ(容量が増加します)、東西の主要な路線を移動する貨物の量を減らすことができる為、連絡路修復は試してみる価値が有ります。

私はポーランドプロイセンだけで460万人の兵士を抱えていますが、注意してみると、ほとんどの狙撃部隊は14〜16MPで、大部分の機甲部隊は40MP以上です。

ハンガリーには170万人の兵士がいますが、状態は良くありません。第4 ウクライナ正面軍は苦戦しており、改善できることは多くありません。第3ウクライナ正面軍は大丈夫です。スーパーデポが機能していて狙撃兵のMPは12〜14ですが、機甲部隊は35以上になることはほとんどなく、苦しい状況です。2、3ターン休んでいれば40にはなりますが、継続的な戦闘ではすぐに20台に落ちてしまいます。

 

第178ターン

11月中旬、ドイツ戦線では雨が降っており空軍基地では吹雪が発生しています。第1白ロシア正面軍は強力なドイツ軍に直面しながらもウッチの戦いを続けていました。第3ウクライナ正面軍はハンガリー東部で一定の前進を果たしました。第6親衛軍はクラクフ周辺でドイツ軍の強力な拠点を凌駕し、第3親衛戦車軍がチェコ国境を越えてヤブウォンカ峠(クラクフ南西40マイル)を確保するための間隙を作りました。

https://imagizer.imageshack.com/img924/8620/bDFUWj.jpg

第179ターン

天候は依然として悪いですが、来週には回復するとの予報が出ています。

その結果、全てがかなり制限されています。第1白ロシア正面軍はウッチの攻略を完了しました(ブレスラウとオーデル川への攻勢を支える拠点になります)。

第1親衛戦車軍と第4戦車軍による突破は、恐らく厄介な反応を引き起こすでしょうが、第2白ロシア正面軍と対峙する前線を弱めるために、彼等の予備を引き離したいと考えています。これらは5週間前から休んでおり、優れた兵站インフラに支えられています。最終的に攻勢に転じた際に、大きな打撃を与えたいと思っています。

https://imagizer.imageshack.com/img923/5790/k9VPXK.jpg

第1ウクライナ正面軍は、クラクフの強力なドイツ軍ポケットを圧縮するのが大幅に遅れたため実質的な前進はできず、第2ウクライナ正面軍は東スロバキアのドイツ軍戦線に追いついていました。

https://imagizer.imageshack.com/img924/2092/6CwNdf.jpg

それでもドイツ軍の損失は着実に拡大しており、これは彼らの残存戦車数をひどく減少させているに違いありません。

https://imagizer.imageshack.com/img923/8136/bcVLRN.jpg

最後の数ターンにおける壊滅ユニット。私の狙撃旅団は狙撃軍団に統合され、第4ウクライナ正面軍を補助しようとしました。枢軸軍は装甲師団2個、装甲擲弾兵師団2個、そして歩兵師団7個を失いました。

https://imagizer.imageshack.com/img922/6555/DegCJe.jpg