Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

祖国防衛 ー WITE2 ソビエト側 AAR_23 ゲームでの航空部隊管理

In-game management of the air force - 2/12/2021 11:36:03 AM

loki100(主)

 

航空戦の管理

Red Lancerさんはこのためのツールを紹介し、何点か説明しました。前回の投稿ではいくつかのメカニズムと、それがどのような効果を持っているかを確認する方法について説明しました。

下記は第110ターン終了時の状況を示しており、私の部隊はターン中ずっと行動しています。

ウクライナでの部隊展開を示しており、4つの航空軍があります(17-ほとんど画面の外、2、8、16)。これらは概念的に関連付けられている各正面軍(AIアシストにとってはかなり重要)を反映するように色を変更しますが、ソ連の正面軍または陸軍司令部(または戦区)の任務を実行できます。

現在私は(自発的に)中間的なレベルとして、より強い航空司令部である~Kを使用しています。-その理由は後述します。

https://imagizer.imageshack.com/img922/7381/pSXPVj.jpg

ソ連軍の基本的な航空戦闘序列は「航空軍」と、それに続くいくつかのAOG(Air Operation Group:航空作戦集団)です。各航空軍はほとんど無限の資産を持つことができますが、各AOGは1〜5の航空群(Air Group)からなります。
AOGには、割り当てることができる航空機の種類が決まっているため(すべてゲームルーチンで制御されます)、IAD(訳注:Istrebitel'naya Avia Diviziya=戦闘航空師団)は戦闘爆撃機か戦闘機だけで構成される必要があります。

AOGラベルを左クリックすると、実際に使用している航空基地、所属する航空群の数、どういう航空指令に基づいているかが表示されます(ここではすべて地上支援)。メイン画面のrhs(?)にも詳細が表示されます。

ラベルを右クリックすると、予備から新しい部隊を招へいできます(これは個々のAOGレベルでもコマンドを使って可能です)。これは、そのターンの損失を補充する手っ取り早い方法です。弱体化した部隊を予備に戻して再訓練する事を忘れないでください。 これは指揮官報告画面(CR)、または航空群のラベルから行うことができます。私は毎ターンCRで管理作業を始めることが多いため、そこから実施します。(また、航空グループが単に消耗しているという事では無く、独自の基準を設けることができます。例えば私は、経験値の低いユニットや多くのパイロットを喪失したユニットを送り返しています)。

これは当地の航空基地に割り当てられ、そのAOGが既に持っているものを小気味よく表示することができます。私は特定のAOGに同様タイプの航空機を置いておきたいので、戦闘機ではYak-1/7BやLa5のようなタイプのものと、より長射程のYak-9DやLLのようなタイプのものに分けています。

https://imagizer.imageshack.com/img924/8828/dKE05L.jpg

再配備するには、任意のレベルをクリックすると、割り当てられた下位のレベルが全て選択されるので、第8航空軍をクリックすれば、すべてを移動させることができます。ターゲットボックスのサイズを変更することで、どの航空基地を使用するかを制御することができます。

ここでは第8航空軍をクリックして、前線に近付くように指示しましたが、2つの理由から良い考えとは言えません。まず、移動する必要がありません。短い航続距離の部隊もまだ飛行圏内にありますし、先鋒隊と補給を争うことになります。第二に、どの航空基地も準備ができていません。この赤いインジケータは、燃料、弾薬、支援部隊が不足していることを示しており、常識的に考えてこれを修正することは、高度な地上部隊が不足することを意味します。

しかし、マウスクリック1回で何百機もの飛行機を移動させることができます。従って私のように航空戦を直接管理したい人でも、この機能を使えば遥かに楽になります。

https://imagizer.imageshack.com/img924/3985/sDXkja.jpg

では最後に、なぜ私が~Kレベルを使うのか?

それは、編成を容易にするためです。つまり全ての襲撃機編隊をグループとして動かすことができるのです(前線に近いところにいる必要があるので、これは私が手動でやることです)。更に良いことに、実際に地上攻撃機であるI-編隊を航空司令部に所属させて、一目で分かるようにする事もできます。ここでは205IADがYak-9Tを配備していますが、これは有用な戦車バスターで、本当に地上襲撃機として運用する価値があります。

その後、大規模な航空軍ではIAKを2編成にして、1つには標準的な短距離戦闘機を、もう1つには長射程の戦闘機を配備しました。この場合も簡単に見つけることができ、前線が移動したときに必要に応じて移動させることができます。

https://imagizer.imageshack.com/img922/3749/JveXnD.jpg

ドイツ軍プレイヤーも、航空機の移動プロセスを容易にするために、同じような航空機パッケージを作ることができます。ルフトヴァッフェ-AOGの関係を使用する必要がありますが、軍団(Koprs)のレベルは中程度です。例えば2個の戦闘機AOG、1個のシュトューカ、1個の短距離複葉偵察機からなるグループを作ります。これは長距離爆撃機偵察機、戦闘機が待機している間に、装甲集団を追従するように指令されています。繰り返しになりますが、どれがこの役割を担っているかを覚えておく必要はありませんし、1機ずつではなくパッケージとして動かすことが可能です。

その一方、やはり個々の航空群を手動で動かすことができますが、それはRed Lancerさんの投稿やマニュアルに書いてあります。