Decisive Victory

War in the East (Matrix Games) AAR

祖国防衛 ー WITE2 ソビエト側 AAR_14 第57ターン

T57 - 1/29/2021 8:31:58 AM(第57ターン)

loki100(主)

 

1942年7月25日

この更新は第57ターン終了時に基づいています。

 

背景

6月初旬までに、スターリングラードでのソ連軍の増援は、ドイツ軍のドンライン上の直接攻撃を停止させました。しかしロストフは6月6日に陥落し、ドイツ軍はドン下流の戦線を突破して南下を開始し始めました。

これに対してスタフカはブリヤンスク正面軍にオリョール周辺の攻勢を命じ、ドイツ軍の予備を引き付けようとしました。6月14日から24日にかけてのドイツ軍の激しい攻撃により、ソ連軍は攻勢発起点に戻り[1]、北コーカサス正面軍はコーカサスに後退しました。6月27日までにソ連軍はクバニ川のラインにしがみつき、スターリングラードの南側からは完全に撤退していました。

しかしドイツ軍のスターリングラードへの主攻勢は勢いが落ちていました。その後、大規模な増援と休息を得た後、ドイツ軍はドン河東岸のソ連軍戦線を淡々と駆逐していきました。

https://imagizer.imageshack.com/img924/81/8SGmNq.jpg

[2]

7月11日までに、ドイツ軍はスターリングラード郊外に達し、北からの南西正面軍による反撃を打ち破りました。翌週も同様のパターンが見られ、同正面軍はドイツ軍の攻撃阻止を試みました。しかし、ドイツ軍の反撃で直近の増援部隊が撃破されるのを傍観するだけでした。

第57ターン

このターンでは、マップのほぼ全域で戦闘が発生しました。カリーニン正面軍はヴィヤジマ周辺に押し戻されましたが、街自体の防衛には成功しました。

https://imagizer.imageshack.com/img923/1179/3h7qXO.jpg

[3]

西部/ブリヤンスク両正面軍は、オリョール周辺で攻撃を再開しました。敵の予備不足により、ソ連軍は前線を破ることができ、騎兵部隊は戦線後方に深く回り込んでクルスクに達しようとしていました。

https://imagizer.imageshack.com/img923/9348/1Byt1x.jpg

スターリングラード自体は、様々な運命に見舞われました。ドイツ軍は南西正面軍が北方から別の攻撃を開始している間に、激しい攻撃で市南側のソ連軍戦線を圧倒しました。と同時にソ連軍は前進を開始し、ドンの南と東側から渡河に成功しました。

https://imagizer.imageshack.com/img923/7267/HunG3Y.jpg

[4]

スターリングラードは、予想される突撃に十分に備えていました。

https://imagizer.imageshack.com/img923/9125/kGhyp1.jpg

[5]

更に南方では、ドイツ軍がクバニ川に沿って着実に前進し、いくつかの黒海の港を占領しました。

https://imagizer.imageshack.com/img924/2202/pL4b4y.jpg

ソ連軍の損失は450万人に近づいており、枢軸軍のそれも200万人近くになっています。

https://imagizer.imageshack.com/img922/5352/B7IbCb.jpg

戦闘序列画面では激しい戦いにも関わらず両陣営とも強化されています。私の空軍の約40%がまだ予備軍であることに注意してください。これは、新しい部隊を訓練する必要がある事と、私がマップ上での指揮能力を欠いていることによるものです。私は130万人の兵力(南西およびスターリングラード正面軍)、18,000門の火砲、2,500輌の戦車、そして1,500機以上の航空機をスターリングラードの防衛に投入しています(これは私が現地で抱える補給問題を説明するための道筋を示しています)。また、優れた指揮官の大半をこの戦区に異動させました。

https://imagizer.imageshack.com/img923/227/ZpQTro.jpg

より多くの親衛部隊を着実に生産しています。予備軍からの転換と、指揮官がゆっくりと能力を獲得している事に注意してください。

https://imagizer.imageshack.com/img923/5210/2qnzmZ.jpg

[1]戦車軍団の初期型は、どのような支援ユニットが付属しているかに依らず、とても脆弱です。

[2]前述したように、私はここの補充に関して本当に苦労しています。撃破された部隊(多く持っていました)は予備に送られ、再編成して前線に戻さなければなりません。このサイクルは約5ターン掛かりますが、後にはこれらがほぼ生産ラインと化し、前の一群が前線に戻った際には新しい一群を失いました(もちろん戻る時はCPPは有りません)。

[3]私はモスクワから戦略的予備のほとんどを投入しました。この種の攻撃は、1個軍に相当する戦力を簡単に撃破する可能性がありますが、実際には縦深がありません。最悪の場合、私は劣悪な地形を駆使して後退のスピードを制御することができます。

[4]これが本当の心配事でした。それは再編成が必要な時に失われる軍に相当します。東からスターリングラードまで走る単線を切断すると、すでに貧弱な補給状況が危険に晒されます。サラトフ周辺の輸送機は補給品を輸送しており(NSSのため非常にうまく機能します)、補給状況を安定させる目的でスーパー集積地が必要で、NKPSがいくつか作成中です。便利なのは南西正面軍が大きな損失を被っている間、サラトフ南の集積地と鉄道網のお陰で比較的近い位置で再編成が完了できることです。

[5]都市要塞を作ろうとしているならば、できるだけ部隊に余裕を持って下さい。南スターリングラードは2個狙撃軍団と1個師団、それに旅団によって保持されているため、9個狙撃師団に相当します。スターリングラード本体の都市要塞は、利用可能な軍団編成の不足がありますが、同様のスタックを可能にします。都市要塞は地形や要塞レベルからの防御上の利点は特に無く(これがセバストポリが脆弱な理由です)、純粋に追加でスタッキングを可能にするための仕組みです。